家族でいく現代の阿房列車 Stories of "Aho" Railfan from Tokyo
鉄道は、たくさんの人たちをつないでくれる「道」だと思います。 This is a blog about railways in Japan and around the world by an enthusiast.
江戸城一周散歩 Walking around Edo Castle
江戸城の遺構がある門のうち、都心部の内堀のあたりを主として、30か所余りを歩いてまわる巡検(お散歩の意味に近いかもしれませんが、実は地理学などの専門用語です!)を、旅行・散歩サークル「地理部」の先輩Yさんに企画していただきました。
→ブログのリンクはこちらです 
  歴史と旅のサイト「YAGOPIN雑録」 
    ・・・江戸城ツアー

20221003080017041.jpeg
 
こちら、さすがに大きなお城です。
守りに備えた門の動線の曲がり方といった造りや、瀬戸内や伊豆などの遠くから人力と風、海流だけで運ばれ、築かれた石垣のひとつひとつが、江戸時代の人たちの営みや歴史の積み重ねを、いまに伝えてくれます。

20221005081658f5a.jpeg

侍たちが行政に携わったり謁見などをしていた場所よりも、女性たちの「大奥」がずっと広いことも、注目だと思います。かつての人たちは、いったいどんな生活を送っていたのか、いろいろな物語があったはずです。

IMG_0306.jpeg

地形に沿い工夫して作られたお堀も、歩いてじっくり見ることができました。日本橋川や神田川をうまく活用しながら、物の輸送や築造を行っていたことがわかりました。

IMG_0250.jpeg

Yさん、またご一緒したみなさま、どうもありがとうございました。このような人たちのつながりのありがたみを改めて感じます。
お散歩の企画など、私もこれからもやっていくつもりです。

20221005081703041.jpeg



I walked around the former Edo castle in current central Tokyo, thanks to the senior member of former walking club in student days. Many gates and structures remain today, and we enjoyed walking together.
 
2022100307585944f.jpeg

Topic:歴史雑学 - Genre:Study/Culture/Art

留学生と筑波山へのハイキング
息子と東京の大学院に留学している各国からの学生達のハイキングクラブの仲間という面白い組み合わせの総勢11名で、筑波山にハイキングに出かけました。

秋葉原駅に集合し、つくばエクスプレスとバスを乗り継いで、筑波山のつつじが丘に着きます。留学生たちは、つくばがどんなところで、食べ物の名物は何かといったことに興味を持ちます。研究施設が集まる計画都市である一方、筑波山麓は神社などの歴史があるということは言えますが、有名な食べ物となるとなかなか難しいところです。山麓の梅林もまだ見ごろなためか、バスは満員で賑わっています。
P1020588.jpg

つつじが丘からはロープウェイが出ていますが、我々は登山道を歩きます。息子は、留学生達に愛想を振りまき、皆の人気者になっています。息子は英語ができず、留学生達はほとんど日本語ができないのに、なぜか堂々と意思疎通ができているようなのは大人に真似できない子どもの力かもしれません。さっそく、つつじが丘のお店でアイスクリームをおねだりして買ってもらったようです(笑) 天気はよく、眼下には作付けを控えた関東平野の茶色い水田が広がります。春の空はやや霞んでおり、残念ながら東京都心のビルや富士山を見はらすことはできません。もっとも、暖かな晴天というだけで幸運なことです。
P1020599.jpg

息子は、写真を撮ったりしながらゆっくり進む留学生達の先頭に立ち、元気に歩きます。それでも、だんだん急な岩場が現れるようになるので、さすがに注意しながら息子を抱きかかえて上らないと厳しくなってきます。山頂までの標高差は、約350メートルあるので、4歳児にはかなり歯ごたえのあるコースでしょう。胎内くぐり、大仏岩などの変わった巨石群を過ぎ、小さな神社などを見ながら上っていくと、女体山の山頂に着きます。大勢の登山客で賑わい、足の踏み場を探すのも難しいほどで、青空にはグライダーが舞っています。
65544_548714118502336_2120529772_n.jpg

女体山を過ぎたところに、筑波山のシンボルとなっているガマガエルの形をした岩があり、皆でガマの口に向かって石を投げます。そしてケーブルカーが発着する広場に出て、昼食で一休みをします。ムスリムのメンバーも多くおり、彼ら・彼女らの食事は持参のお弁当などで、食後にはきちんとメッカの方角をコンパスで調べて礼拝します。もっともムスリムでも、礼拝する人としない人がいるのでそのあたりの詳細はよく分かりません。
P1020601.jpg

食後、もうひと頑張りして男体山の山頂にも上ります。往復30分くらいの手軽さで、一部の疲れたメンバーは、その間、下で待っていることにします。若干の岩場があり、昨年末に息子と2人で来たときは難所に感じました。しかし今回は、女体山の手前の上りがずっと厳しかったのと、息子の運動力も成長したのか、そのときに比べればだいぶ楽に感じました。
582125_10200794417450633_1047941357_n.jpg

ケーブルカーで下ってから、帰り際に、山麓の梅林も訪れました。梅茶を無料で飲むことができ、軽い塩味はスープか吸い物のようで、留学生にもおいしかったようです。3月半ばで、花は少し散り始めていたものの、まだ紅白の色合いを楽しむことができました。

Topic:子連れ旅行 - Genre:Tour



プロフィール

FUSHITETSUDO

Author:FUSHITETSUDO
旅や鉄道が好きな父が、家族といろいろなところに出かけています。よろしくお願いします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2 Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR